胸腔ドレナージに関する知見 

デジタル胸腔ドレナージシステムで患者回復を促進

おすすめの記事: 3 min.

これまで10年以上もの間、デジタル胸腔ドレナージシステムは、肺または心臓手術後の患者の回復期間短縮と治療結果の改善などに明らかな成果をもたらしてきました。しかし、多くの医療施設でデジタルシステムの導入は遅々として進んでいません。

それはなぜでしょうか? おそらく、ケアチームにとって従来のアナログ胸腔ドレナージシステムの方が快適でそれに慣れていることが理由でしょう。ただ、現行のシステムに満足していたとしても、デジタルシステムがアナログシステムの課題を解決するのに役立ち、患者のより早い回復を促進するということを知っておくのは重要なことです。

アナログシステムでは及ばない部分

アナログシステムが効果的でないわけではありません。効果はあります。ただ、アナログシステムは、治療を合理化して治療成果を改善するために最適な製品というわけではありません。

これは、ほとんどのアナログシステムに内在する、以下のような課題によるところが大きいのです:1-2

  • 不安定な陰圧供給 – 供給される圧力は、吸引レギュレーターの精度、機器の設置場所、チューブ内の液量、その他の要因により初期設定値から変化する可能性があります。
  • 散発的なデータ収集 – エアリークデータは、外科医または看護師が自発的に水封式チャンバー内の気泡を確認することでしか収集できません。
  • 主観的解釈 – ケアチームのメンバーは、エアリークの重症度や、そもそもエアリークが発生しているかということに対しても異なる評価を下すことがあります。
  • 患者の不快感 – 多くの患者が、従来の胸腔ドレナージシステムをあまり快適に感じていないことが研究で示されています。
  • 最適ではない胸腔ドレーン挿入期間/在院期間 – 胸腔ドレーンの留置期間と患者の在院期間は妥当かもしれませんが、理想的な日数ではありません。
  • 有効性に影響する人的要因 - 従来のシステムは常にモニタリングして、システム内でリークが発生していないことを確認したり、機器が不注意で倒されたり、接続が抜けていないことを確認しなければなりません

胸腔ドレナージシステムで治療を促進する方法

デジタル胸腔ドレナージシステムは、患者、ケアチーム、および医療施設の収益にメリットをもたらすことが確認されています。システムの長所と短所を比較する際は、デジタルシステムで心臓胸部ケアを促進できる、以下の3点を考慮してください:

1. 連続データで治療成果を改善する。

デジタルシステムは連続してデータを記録して表示し、心臓胸部外科医と看護師が客観的情報に基づいた迅速な医療判断ができるようにします。それにより治療成果も改善されます。デジタルシステムは以下のようにケアの効率を改善することもできます: 1-2

  • 治療の一貫性を保つために、厳密に胸腔内圧を設定範囲に調節・維持します(アナログシステムの大きな圧変動やバラつきと比較して)。
  • 72時間以上にわたる、リアルタイムのエアリークと排液の履歴データを提供いたします。
  • アナログシステムの水封内の気泡測定の主観的な解釈を排除します。
  • 客観的なデータを使用することで病院業務と治療計画を統一します。
  • 分析と記録のために患者データを機器からコンピューターシステムに移します。

2. より良い患者体験をもたらす。

胸腔ドレナージシステムを付けた心臓胸部患者は、アナログシステムの動きにくさや、利便性、快適性に懸念を示しました。

対照的に、臨床研究によると、デジタル胸腔ドレナージシステムでは100%の患者が良好な体験をしたことを報告しました1

患者がデジタルシステムで優れた体験をしたと報告した具体的な点:1

  • ベッドから起き上がることができる(p=0.008)。
  • 患者達と、ケアしてくれるチーム双方の利便性が向上した(p=0.02)。

3. 胸腔ドレーン挿入期間/在院期間を短縮する。

デジタル胸腔ドレナージシステムでは、ケアチームがより正確にドレーン抜去のタイミングを判断することができるため、アナログシステムよりも胸腔ドレーン挿入期間を短くすることができます。結果として、患者の在院期間が大幅に短縮され、それに伴って医療費も削減されます。

全体的に、デジタル胸腔ドレナージシステムはアナログシステムに比べて、以下の期間を大幅に短縮することができました:1

  • エアリーク期間(デジタル1.0日、アナログ2.2日、p=0.001)
  • 胸腔ドレーン挿入期間(デジタル3.6日、アナログ4.7日、p=0.0001)
  • 術後在院期間(デジタル4.6日、アナログ5.6日、p<0.0001)

実証されたデジタル胸腔ドレナージシステムを選ぶ

デジタル胸腔ドレナージシステムの方が明らかに優れたケアを提供することができます。しかし、すべてのデジタルシステムが同じように作られているわけではありません。心臓胸部疾患患者に対する実証データがあるシステムを選ぶことが重要です。

Medela(メデラ)のThopaz+(トパーズ+)はその条件に合致したシステムです。術後胸腔ドレナージ管理のために最適な陰圧をかけ、客観的で信頼できる患者状態のモニタリングができるように特別に設計されています。Thopaz+(トパーズ+)は上記で引用した比較研究で使用されたデジタルシステムであり、より良い患者体験をもたらし、エアリーク期間、胸腔ドレーン挿入期間、在院期間を短くしました。

さらに、Thopaz+(トパーズ+)は、4-8

  • 患者一人あたりの経費を大幅に削減できます。
  • 胸腔ドレーン挿入患者の安全性を高めます。
  • 高精度なエアリークモニタリングにより担当者間の意見を一致させます。
  • 連続した客観的なモニタリングを通じて、臨床判断をサポートします。
  • 患者の胸の高さよりも高い位置に設置できるシステムなので、患者の動きやすさを高めます。
  • 医療従事者に、従来の胸腔ドレナージシステムよりも優れた利便性と使いやすさをもたらします。
関連製品

Thopaz+(トパーズ+)デジタル胸腔ドレナージ・モニタリングシステム

Medela(メデラ)のThopaz+(トパーズ+)は胸腔ドレナージ治療を新しいケアのレベルに引き上げます。アナログ方式に比べ、患者胸部に正確に制御された陰圧を加え、重要な治療指標をデジタルで(静かに)モニタリングします。臨床データでは、Medela(メデラ)の胸腔ドレナージ治療によって治療成果が改善され、患者ケアが効率化されたことが示されています。

くわしく読む

ClotStop® catheter

ClotStop® catheter helps to minimise the risk of clot formation and thus prevents occlusion of the catheter.

くわしく読む

Thopaz+(トパーズ+)デジタル胸腔ドレナージ・モニタリングシステム

Medela(メデラ)のThopaz+(トパーズ+)は胸腔ドレナージ治療を新しいケアのレベルに引き上げます。アナログ方式に比べ、患者胸部に正確に制御された陰圧を加え、重要な治療指標をデジタルで(静かに)モニタリングします。臨床データでは、Medela(メデラ)の胸腔ドレナージ治療によって治療成果が改善され、患者ケアが効率化されたことが示されています。

くわしく読む

ClotStop® catheter

ClotStop® catheter helps to minimise the risk of clot formation and thus prevents occlusion of the catheter.

くわしく読む
参考文献
1 Pompili C, Detterbeck F, Papagiannopoulos K, et al. Multicenter International Randomized Comparison of Objective and Subjective Outcomes Between Electronic and Traditional Chest Drainage Systems. Ann Thorac Surg 2014;98(2):490–7.

2 Miller DL, Helms GA, Mayfield WR. Digital Drainage System Reduces Hospitalization After Video-Assisted Thoracoscopic Surgery Lung Resection. Ann Thorac Surg 2016;102(3):955–61.

3 French DG, Plourde M, Henteleff H, et al. Optimal Management of Postoperative Parenchymal Air Leaks. J Thorac Dis 2018;10(32):3789–98.

4 Pompili C, Brunelli A, Salati M, et al. Impact of the learning curve in the use of a novel electronic chest drainage system after pulmonary lobectomy: a case-matched analysis on the duration of chest tube usage. Interact Cardiovasc Thorac Surg 2011;13(5):490–3.

5 Jablonski S, Brocki M, Wawrzycki M, et al. Efficacy assessment of the drainage with permanent airflow measurement in the treatment of pneumothorax with air leak. Thorac Cardiovasc Surg 2014;62(6):509–15.

6 Mier JM, Molins L, Fibla JJ. The benefits of digital air leak assessment after pulmonary resection: prospective and comparative study. Cir Esp 2010;87(6):385–9.

7 Lijkendijk M, Licht PB, Neckelmann K. Digital versus analogue chest tube drainage following lobectomy: a randomized trial. Interact Cardiovasc Thorac Surg 2014;19 (Supplement 1):31.

8 Varela G, Jiménez MF, Novoa NM, et al. Postoperative chest tube management: measuring air leak using an electronic device decreases variability in the clinical practice. Eur J Cardiothorac Surg 2009;35(1):28–31.