製品情報

母乳育児のメリット

移行乳とは何ですか?

おすすめの記事: 4 min.

赤ちゃんの人生の最初の数週間は、母乳の成分が劇的に変化します。移行乳の素晴らしい特性について知ってください

For the first couple of weeks of your baby’s life, the composition of your breast milk is changing dramatically.

新生児が同じである日は一日たりともありません。それは母乳についても同様です。乳汁来潮が起こると、おそらく乳房は以前には想像できなかったくらいのサイズになりますが、その中身も変化しています。1週目は、母乳分泌細胞とその細胞が互いにつながる方法が、継続中の母乳育児のために調節されます1 。そこから約2週目まで、その細胞が分泌する母乳は移行乳と呼ばれます2

「胎盤が体の外にでると、妊娠ホルモンであるプロゲステロンのレベルは急激に減少し始めます」と、西オーストラリア大学の母乳成分研究の第一人者であるPeter Hartmann教授は説明します。「プロゲステロンが下がると、乳汁合成が増えてより多くの『普通』の母乳成分が発達します。ただし、これが成乳になるまでには数週間かかります。」

母乳の段階: 中間段階

初乳が赤ちゃんの「初心者向け」食べ物で成乳が長期的な栄養だとすると、移行乳はこの二つの架け橋です。

これらは3つの別々の種類ではなく、母乳における3つの異なる段階と考えてください。母乳育児をしている限り基本的な成分は同じですが、そのレベルは状況によって上下します。赤ちゃんのニーズが変化するように、母乳が一日単位で最も変化するのはこの移行期間の間です。 

母乳が変化するのは、細胞、ホルモン、有益な細菌を含む生理活性成分で満たされているからです。成乳が「引き継ぐ」ので、これは単純な切り替えではありません。その代わりに、この変化は赤ちゃんの発達のニーズに合わせて微調整されます3,4

「母乳の組成に対して主に影響を与えるのは、お母さまが分泌する量です」と、Hartmann教授は言います。「分泌量が非常に少ない時期は、多くなり始める時期と比べて母乳の組成が異なっています。」

移行乳: 量の増加

赤ちゃんは成長するにつれて、すぐにもっと多くの食べ物とバランスの異なる栄養素が必要になります。この期間にお母さまが分泌する母乳量も劇的に増加し、 最初にお母さまが分泌したわずかな量の初乳に比べると、24時間で600~700 mlという大量の母乳を分泌します5

「それぞれの動物種の乳成分はその赤ちゃんのニーズに合わせた特有のものです」

お母さまの乳房は現在、赤ちゃんが必要とする母乳の量を学習することで「分泌確立」モードに入っています。母乳と同様、乳房も成熟し始めます。初乳と比較すると、移行乳では脂肪分のレベルが高くなり、赤ちゃんにエネルギーを与える天然の糖のラクトースが増えます2

「ラクトースのレベルは赤ちゃんが生まれてから2~3日後に急激に上昇します」と、Hartmann教授は言います。「より多くの中鎖脂肪酸C10およびC12が母乳に含まれ始めるため、脂肪分にも変化が見られます。これらは急速な代謝性のエネルギー源であるだけでなく、抗ウイルス性でもあると考えられています。また、この時期には母乳に含まれる塩分が非常に少なくなるため、ナトリウムと塩化物が非常に低いレベルまで減少します。」

タンパク質: 適切なバランス

母乳のタンパク質含有量も変化します。母乳に含まれるタンパク質には、 カゼインとホエイの2種類があります。カゼインは赤ちゃんの胃の中で酸に出会うと固形(カード)になり、赤ちゃんが長い時間満腹を感じることを助けます。カゼインには抗菌作用もあります。ホエイには抗体が豊富に含まれており、液体のままであるため消化しやすいのですが、これは新生児にとって特に重要なことです。赤ちゃんの腸が移行段階の間に回復力を高めるにつれ、母乳に含まれるホエイとカゼインの割合は初乳の約90:10から1か月後には60:40に変化します(また1年間母乳育児を続けると50:50に変化します)6

脳が大きくなり複雑になる時期には、私たちの身体は比較的ゆっくりと成長するため、このタンパク質のバランスは人間にとって理想的な割合です。また、脳、目、その他の臓器が健全に機能するために、赤ちゃんが必要とするすべてのアミノ酸も運びます。

ヒトの母乳には、他の哺乳類の母乳よりもかなり多くのホエイタンパク質が含まれています。牛乳に含まれるホエイとカゼインの割合は反対で、 20:80です(1歳未満の赤ちゃんに適さないのはこれが理由です)7

「母乳は目的に合わせて作られています」と、Hartmann教授は説明します。「あらゆる種の母乳に含まれる成分(例えばタンパク質や脂肪)もありますが、含まれるタンパク質の種類や脂肪の種類に注目し始めると、どの動物の母乳か判別することができます。それぞれの動物種の乳成分はその赤ちゃんのニーズに合わせた特有のものです。」

移行乳の保護レベルの変化

赤ちゃんはまだ小さいですが、最初の数週間を通じてすでに自分の免疫系を発達させ始めており、お母さまからの直接保護の必要性は減少します。

これを反映して、母乳に含まれる保護作用を持つ酵素と抗体の濃度は変化します。ラクトフェリン(保護作用のある酵素)やsIgA(抗体)などは減少し、一方で殺菌作用のある酵素のリゾチームなどは増加します8

「母乳のタンパク質含有量は、実際にこの時期のあたりで下がります」と、Hartmann教授は指摘します。「保護作用を持つタンパク質は同じ割合で合成されますが、分泌される大量の母乳によって希釈されます。」

亜鉛、銅、マグネシウムといったミネラル(すべて赤ちゃんの免疫系のサポートに役立ちます)の濃度も赤ちゃんの免疫が向上するにつれて下がります9

母乳が完全に成熟する時

移行期間の間、母乳の成分は著しく調整されます。1か月目の終わりまでに、母乳は完全に成熟します。これは赤ちゃんの成長に合わせた赤ちゃんに適したものであるという意味です。母乳育児を数か月、一年、またはそれ以上続けたとしても、母乳の組成が再び大きく変化することはありません。

もっと詳しく知りたい方へ 当社のebook知っておきたい母乳の科学』、または成乳についての記事をご覧ください。

関連製品

Freestyle™ Hands-free double electric wearable breast pump

Medela's firstwearable hands-free double electric breast pump, designed so you can carry on with other tasks while you're expressing.

くわしく読む

Freestyle™ Hands-free double electric wearable breast pump

Medela's firstwearable hands-free double electric breast pump, designed so you can carry on with other tasks while you're expressing.

くわしく読む

アプリをダウンロード!

Medela Familyは、妊娠中から母乳育児期まで、授乳や赤ちゃんのお世話の記録ができるアプリです。


  • 妊娠
  • 母乳育児
  • さく乳
関連記事

興味をお持ちいただけそうな記事

母乳育児のメリット

初乳はなぜ大切なのでしょうか?

くわしく読む
母乳育児のメリット

母乳の成分: 母乳には何が含まれていますか?

くわしく読む
母乳育児のメリット

母乳育児は赤ちゃんにどのようなメリットがありますか?

くわしく読む
母乳育児のメリット

初乳はなぜ大切なのでしょうか?

くわしく読む
母乳育児のメリット

母乳の成分: 母乳には何が含まれていますか?

くわしく読む
母乳育児のメリット

母乳育児は赤ちゃんにどのようなメリットがありますか?

くわしく読む