製品情報

妊娠期と出産準備

妊娠から断乳までの乳房の変化

おすすめの記事: 6 min.

妊娠から授乳を経て断乳後まで、乳房がどのように変化するかを専門家がご説明します。また、これらの段階に合わせた乳房ケアのポイントをご紹介します。

妊娠するとすぐに、お母さまの身体は出産に向けて準備を始めます。しかし、忙しいのは子宮だけではありません。乳房の解剖学的構造も急速に変化し始めます。お母さまが妊娠期、赤ちゃんへの授乳、最終的に断乳へと旅する中で想定すべきことについて学んでいきましょう。

妊娠初期の乳房の変化

多くのお母さまが妊娠初期に乳房の変化を経験します。実は、これが妊娠の最初のサインであることが多いです。妊娠3~4週目頃から、ホルモンの急上昇と乳房構造の変化により、乳首と乳房が敏感になり、圧痛を感じることがあります。妊婦の方の中には妊娠中は出産までずっと乳首がヒリヒリ痛む方もいますが、ほとんどの方は妊娠初期が過ぎると治まります。

「妊娠中の乳房は最初の数週間に急速に成長するかもしれませんし、もしくは少しずつサイズが大きくなるかもしれません」と、西オーストラリア大学のラクテーション研究の第一人者であるJacqueline Kent博士は説明します。「女性によって異なります。実のところ、乳房は出産直前まで、もしくは出産後でも、非常に大きくならない場合もあります。ただ、妊娠中に合計してどれくらい乳房が成長するかというと、乳汁来潮の時までに妊娠前の約1.5倍大きくなる可能性があります1。」

いつものブラがきついと感じ始めたら(通常は12週目くらいまでに)、マタニティブラを買う時です。ほとんどのお母さま方にとって、柔らかくて通気性のある生地でできていて、幅の広いストラップが付いたシームレスタイプが一番快適です。発達途中の乳管にくいこむ可能性があるため、ワイヤー入りは避けるのがベストです。

ぴったりフィットするものを購入するために、きちんと測定してください。また妊娠期間中は、赤ちゃんと乳房の成長に合わせて数サイズ上がっていくため、数か月おきに測定するようにしてください。

妊娠中期の乳房の変化

妊娠15週目頃から乳房内の新しい母乳分泌細胞が活発になり始め、22週目頃までには母乳を作り始めます1。しかし、心配しないでください。この母乳のほとんどはお母さまの身体に再び吸収されます。妊娠中は、妊娠ホルモンが、母乳が溜まりすぎたり漏れ出したりすることを防いでいます。

「妊娠中期には、乳首と乳輪(乳首の周りの皮膚の円になっている部分)が大きく黒くなり始めていることに気づかれるかもしれません」と、Medela(メデラ)の母乳育児の研究チームで働くDanielle Prime博士は言います 「乳輪の他の変化としては、乳輪上の小さな凹凸やブツブツが目立つようになることがあります。これには『モントゴメリー腺』という素晴らしい名前があり、お母さまが授乳を始めるとヒリヒリした痛みや感染症から守るのに役立つ保湿オイルを作ります。実は、科学者たちはこのオイルの匂いが羊水に似ており、出産後に新生児を乳首に導くのに役立っているかもしれないと考えています2。」

この天然のオイルを粗い石けんを使ったり、タオルでこすったりして乳首から落とさないでください。温かい水を使い、軽く押さえて拭くだけにしてください。また、つまんだり、こすったりして授乳のために乳首を「強くする」べきだと言う人がいても、無視してください。

扁平乳頭または陥没乳頭で、経過も良好で妊娠の32週目を過ぎている場合は、ブラの中にニップルフォーマーを装着することもできます。ニップルフォーマーは乳首を優しく引っ張るのを助け、新生児がくわえやすくなるようにします。詳細については病院スタッフ関係者に相談するか、陥没・扁平乳頭に関する記事をお読みください。

妊娠中に乳房が突然大きくなった場合、乳房がかゆくなってストレッチマーク(妊娠線)が出てくるかもしれません。かゆみを鎮めるには保湿クリームが役立ちます。しかしストレッチマーク(妊娠線)は通常、遺伝と肌のタイプの問題です。なりやすい性質の場合、防止するためにできることはあまりありません。しかし、ストレッチマーク(妊娠線)は時間の経過と共に薄くなってずっと目立たなくなります。

妊娠後期の乳房の変化

妊娠後期は乳房が再び重く感じたり痛くなったりするかもしれません。就寝時にナイトブラを着用することで快適になります。また、運動する時に乳房の痛みと靱帯の損傷を予防するため、胸を支えてくれるスポーツブラを着用するのは良いアイディアです。

予定日の前月までに、授乳ブラを2組ほど用意しておくことを忘れないでください。可能であれば、授乳ブラについて経験豊かなフィッターがいるショップで購入するか、もしくはオンラインのフィッティングガイドを参考にしてください。お母さまによって差がありますが、乳房は妊娠前よりブラのカップサイズで大体1~2サイズ大きくなる可能性があります。赤ちゃんのために胸郭が拡張するので、おそらくアンダーバストも大きくなります。フィッターは赤ちゃんが生まれた後に母乳が入るスペースも考慮したサイズを勧めると思います。片手で外せるクリップ付きのブラは、赤ちゃんをきちんと抱くのを楽にしてくれます。

驚くべきことに母乳は赤ちゃんが生まれる前に準備ができています。妊娠中に、少量の濃くて粘り気のある初乳が乳首から漏れ始めるかもしれません。早くて14週目に起こる可能性がありますが、一般的には妊娠後期に起こります。漏れている部分が透けて見えないように、ブラの中に母乳パッドを着用することができます。

「以前から糖尿病である場合、または妊娠糖尿病の場合は、担当の病院スタッフ関係者から、手で初乳をさく乳して冷凍保存するように助言を受けるかもしれません。最近の研究では、これは糖尿病である以外は健康な妊娠の36週目以降に行っても安全であることが示されています3」と、Prime博士はアドバイスします。「糖尿病のお母さまの赤ちゃんは血糖値が低くなる(低血糖症になる)リスクが高く、血糖値を上げるのに一番役立つのは、頻繁に初乳を授乳することであるため、初乳を手元に用意しておくことは役に立つでしょう。ただし、たくさんさく乳できると期待しないでください。一回のさく乳では、なんとか数滴出る程度ですが、それでも大丈夫です。」

出産後の乳房に起こる変化

出産から約2~4日後(帝王切開または難産ではもう少し遅いことがあります)、乳汁来潮に伴い乳房がとても張って硬くなり始めていると感じます4

「この張りは、お母さまが母乳をたくさん分泌し始めるためだけでなく、乳房のまわりを循環する血流量が増えて、乳房内のリンパ液が増えるためでもあります」と、Prime博士は説明します。「これはすべてお母さまの体内の妊娠ホルモンのレベルが減少していること(出産してから徐々に減り始めます)に反応して起きたことであり、これにより母乳分泌ホルモンが働き始めます。」

この時期は乳房が不快感を伴うようになり、痛くなることもあり、うっ滞と呼ばれる状態になります。これはとても一般的なことであり、通常は数日後に治まります。その間、お母さまは母乳育児を続けてください。不快感と腫れに対処するコツに関する記事をご覧になり、この問題が続く場合はラクテーション・コンサルタントまたは母乳育児の専門家にご相談ください。

授乳期の乳房に起こる変化

母乳育児を始めて3か月前後になっても、おそらく授乳前に乳房がとても張っているように感じます。赤ちゃんが成長するにつれて、張りを感じなくなっていることに気づくかもしれませんが、これは母乳量が減っているということではありません。完全な直接授乳で赤ちゃんが欲しがる時にあげていて、赤ちゃんがよく成長している場合、十分な量を作っています。

「母乳育児を始めて6か月目以降は、乳房が小さくなり始めると思ってください」と、Kent博士は説明します。「これは母乳量が減っているのではなく、乳房内の脂肪組織の一部が失われていることを示しているのかもしれません。赤ちゃんが15か月になるまでには、乳房が妊娠前と同じ大きさになりますが、小さくはならないと思ってください。これは母乳育児を続けているかどうかに関わらず本当です。この時点でも、お母さまは一日に100~300mlの母乳を作り続けています。」

これは、6か月以降は乳房が効率的に機能するようになることが理由のようで、Kent博士の研究では乳房組織の再分配によるものである可能性があることが分かっています5

断乳後の乳房の変化

最終的に赤ちゃんへの授乳をやめる時、それが3週間後、3か月後、または3年後であっても、授乳によって変化があった乳房は元の状態に戻ります。「まだ乳房が元に戻っていない場合、完全な断乳から3か月かけて妊娠前に近いサイズに戻ると考えてください」と、Kent博士は説明します。しかし再び妊娠した場合は、このプロセス全体が改めて始まります。

関連製品

ニップルフォーマー

陥没乳頭または扁平乳頭の場 合は、Medela(メデラ)のニッ プルフォーマーが授乳に向け て乳首を整え、赤ちゃんが上 手にくわえられるようサポー トします。

くわしく読む

ニップルフォーマー

陥没乳頭または扁平乳頭の場 合は、Medela(メデラ)のニッ プルフォーマーが授乳に向け て乳首を整え、赤ちゃんが上 手にくわえられるようサポー トします。

くわしく読む

アプリをダウンロード!

Medela Familyは、妊娠中から母乳育児期まで、授乳や赤ちゃんのお世話の記録ができるアプリです。


  • 妊娠
  • 母乳育児
  • さく乳
関連記事

興味をお持ちいただけそうな記事

母乳育児のメリット

母乳の成分: 母乳には何が含まれていますか?

くわしく読む
母乳育児のメリット

初乳はなぜ大切なのでしょうか?

くわしく読む
母乳育児のメリット

母乳の成分: 母乳には何が含まれていますか?

くわしく読む
母乳育児のメリット

初乳はなぜ大切なのでしょうか?

くわしく読む