製品情報

さく乳のヒント

オープンシステムとクローズドシステムのさく乳器の違いはなんですか?

おすすめの記事: 4 min.

さく乳器を選ぶ時や赤ちゃんのためにさく乳する時に、十分な情報を得た上で決められるように、オープンシステムのさく乳器とクローズドシステムのさく乳器に関してきちんと理解しておきましょう

もしさく乳器の購入またはレンタルをお考えで、すでに調べたことがある場合は、「クローズドシステム」と記載されているモデルと「オープンシステム」と記載されているモデルを見たことがあると思います。しかし、こうした記載は実際には何を意味しているのでしょうか? また、どうして重要なのでしょうか? 詳細は以下をお読みください。

オープンシステムとクローズドシステムは何を意味していますか?

これらの用語は一般的に、さく乳器とさく乳した母乳の間にバリア(「メディアセパレーション」と呼ばれることもあります)があるかどうかを意味しています。

バリアがあるさく乳器は、母乳から「遮断(クローズオフ)」されているためクローズドシステムと呼ばれます。このバリアはさく乳器の機構内に母乳があふれたり漏れたりすることを防ぎ、さく乳した母乳が確実に衛生的なルートを通るようにします。

オープンシステムのさく乳器にはバリアがありませんが、このタイプのさく乳器をお持ちであっても異物混入のリスクは極めて低いので安心してください。

「オーバーフロー(逆流)防止機能」とは何ですか?

「クローズドシステム」と「オープンシステム」は臨床的または医学的定義ではなく、さく乳器メーカーごとに違った用語の使い方をしている可能性があることを知っておいた方が良いでしょう。

そのため、Medela(メデラ)では「オーバーフロー(逆流)防止機能」という用語を使用します。これは、バリアの主な目的が、 母乳があふれてさく乳器内に入ることを防ぐことだからです。

また、完全な「クローズドシステム」のさく乳器というものは実際にはありません。あらゆるさく乳器は吸引が機能するように空気が出たり入ったりする必要があります。

バリアはどこにありますか?

さく乳器によって異なりますが、通常はチューブとモーターの間かさく乳口コネクターとチューブの間にあります。

後者は最新の次世代さく乳器で徐々に一般的になっています。これは母乳のオーバーフローを防止するだけでなく、チューブを保護するためです。 

Medela(メデラ)の次世代さく乳器コネクターのメリットとはどのようなものですか?

さく乳口のコネクター内にオーバーフロー(逆流)防止機能があるということは、さく乳した母乳がチューブ内に入らないと確信できるため、より深くもたれた快適な姿勢でさく乳できることを意味します。リラックスして快適にさく乳することは、母乳の分泌を助けるため、大きなメリットがあります。毎回のさく乳の効果を最大限に引き出す方法は、さく乳のポイントについての記事をお読みください。

忙しいお母さま方にとってのさらなるメリットは、このタイプのさく乳器は衛生的に保つことが簡単だということです。オーバーフロー(逆流)防止機能は水滴がチューブ内に入る可能性を最小限に抑えるため、洗浄と消毒の必要性が少なくてすみます。 

Medela(メデラ)の次世代さく乳器コネクターは、組立てもシンプルで直感的に行えます。バリアはコネクター内の一か所にしかセットできない、扱いやすく柔らかいメンブレンです。

また、コネクター自体が洗浄しやすく、洗浄・消毒する部品は最小限に抑えられています。また、お母さま方がMedela(メデラ)に期待しているように、プラスチック部品はBPAフリーでできており、国際的な安全規則に準拠しています。

さく乳器のチューブ内に水分が見えた場合はどうしたらよいですか?

クローズドシステムのさく乳器のチューブ内に水滴がある場合は、結露が原因である可能性が高いです。これはさく乳開始時に部品のどれかが完全に乾いていない場合に発生します。

さく乳時のチューブの中に水滴を見つけた場合は、取扱説明書に従って洗浄・消毒するか、または交換する必要があります。

クローズドシステムのさく乳器はすべて同じですか?

多くのさく乳器メーカーが自社製品にはクローズドシステムが備わっているとアピールしていますが、すべてがまったく同じように作られているわけではありません。設計が不十分なクローズドシステムのさく乳器の場合、実際は集められる母乳量が減ってしまったり、異物混入のリスクを高めたりする可能性があります。

クローズドシステムは必ずしも衛生的というわけではありません。細菌やカビの増殖は一般的に洗浄が不十分なことと関係があるため、適切に洗浄されていない場合はクローズドシステムであっても細菌のすみかとなりえます。どのさく乳器も少しずつデザインが異なるため、ご使用のさく乳器メーカーの洗浄に関する説明書に従う必要があります。

クローズドシステムは必ずしも性能がより良いとは限りません。クローズドシステムにするために、さく乳器の効率の低下を余儀なくされているメーカーもあります。

Medela(メデラ)のさく乳器は他社製品とどのように違いますか?

Medela(メデラ)のさく乳器使うということは、厳しい品質および安全基準を満たすために数十年間の科学研究を通じて開発・改良された機器を使っているということです。

またMedela(メデラ)では、効果を保証し、ご両親と赤ちゃんのニーズに合うように、すべての製品についてお母さまと一緒に臨床試験を行うことで、規制により求められている以上のことを行っています。

さらに、すべての次世代さく乳器にオーバーフロー(逆流)防止機能のバリアを備えることで、お母さまにはさく乳時に幸福感、リラックス、快適さを感じていただけます。またお母さまの幸せは、母乳のよりよい分泌、そして赤ちゃんの幸せにも繋がることを忘れないでください。

関連製品

Freestyle™ Hands-free double electric wearable breast pump

Medela's firstwearable hands-free double electric breast pump, designed so you can carry on with other tasks while you're expressing.

くわしく読む

Freestyle™ Hands-free double electric wearable breast pump

Medela's firstwearable hands-free double electric breast pump, designed so you can carry on with other tasks while you're expressing.

くわしく読む

アプリをダウンロード!

Medela Familyは、妊娠中から母乳育児期まで、授乳や赤ちゃんのお世話の記録ができるアプリです。


  • 妊娠
  • 母乳育児
  • さく乳
関連記事

興味をお持ちいただけそうな記事

さく乳のヒント

職場でのさく乳: ポイントとお母さまへのアドバイス

くわしく読む
さく乳のヒント

母乳の保存、冷凍、解凍方法

くわしく読む
さく乳のヒント

職場でのさく乳: ポイントとお母さまへのアドバイス

くわしく読む
さく乳のヒント

母乳の保存、冷凍、解凍方法

くわしく読む